So-net無料ブログ作成
検索選択

池松壮亮出演特別ドラマ『とんび』話題の感動作!! [池松壮亮]

あらすじ・キャスト・池松壮亮さんインタビュー
ゆっくりご観覧ください(´▽`)☆


話題の感動特別ドラマです!!



images1KA5K4N1.jpg

池松壮亮さんが出演している『とんび』を紹介します☆





とんび4.png



NHKで2012年1月7日・14日の土曜日に

放送された土曜ドラマスペシャルです(´▽`)






スポンサード・リンク








原作は、重松清さんの小説です





無題132465.png





日本人の原点をもう一度確かめる
直木賞作家・重松清氏の感動のシングルファーザー物語☆










「僕に恨みを抱かせなかった父を誇りに思う。」






☆ストーリー☆



昭和37年。





昭和37年。.jpg





瀬戸内海に面した広島県備後市。



運送会社に勤務する28歳のヤスは愛妻・美佐子の間に
待望の長男アキラが誕生し人生最高の喜びに浸っていた。



美佐子とともにアキラの成長を見守り幸せな
日々を過ごしていたがある日・・・



ヤスが連れて行った仕事場でアキラをかばった
妻、美佐子の事故死という突然の悲劇によって
打ち砕かれてしまう。



ヤスは、残された自慢の息子・アキラをゲンコツと涙で、
不器用ながらもまっすぐに育てていく。





img_4.jpg





それは、幼くして父親に捨てられた哀しみと
美佐子を亡くした後悔を乗り越えていく闘いでもあった。 




「親は子を育て、子は親を育てる」





とんび.png





お互いを思いやる確かな絆―――。





☆詳しい作品ムービー
(予告ムービーですが、長いので分かりやすいです)



↓  ↓  ↓  ↓  ↓









スポンサード・リンク







☆キャスト☆





市川 安男 : 堤 真一




1934年(昭和9年)、広島県備後市生まれ。


通称・ヤス。


実母は出産直後、体調不良で亡くなり、
実父は別の女性と再婚し安男を捨てたきり音信が途絶えた。


いい加減で不器用・照れ屋な所があり・酒と煙草が好き。


シングルファザーとして不器用ながらも
アキラを優しく真っ直ぐに育てることになる。




堤 真一.jpg






市川 美佐子 : 西田 尚美




安男の妻。


1936年(昭和11年)生まれ。


1945年、疎開中だった9歳の時、
同年8月6日に広島市に原爆が投下され、
家族を失い戦災孤児となる。


1966年夏頃、2ヵ月後に4歳になるアキラの目の前で
かばうようにして木箱の下敷きになり死亡する。




西田 尚美.jpg






市川 アキラ : 池松 壮亮




美佐子夫妻の長男。


1962年(昭和37年)10月生まれ。


母が死んだ本当の理由は知らぬまま育つが、
不器用な父親と周りの人々の愛情を受け、
「とんびが鷹を生んだ」と称されるほど優秀で
まっすぐな青年に成長していく。


学力に長けており、高校卒業後は地元を離れ
早稲田大学法学部に進学する。




池松 壮亮.jpg





ヤスの父 : 平田 満




広島で事業を手広くやっていたが、
妻の他界がきっかけで幼いヤスを捨てて上京する。




平田 満.jpg





海雲 : 神山 繁



ヤスの町で古くから続く名刹の住職。

親のいないヤスや母を亡くしたアキラのことを
親身に見守っている。




神山 繁.jpg






照雲 : 古田 新太




ヤスが暮らす港町の古刹の跡取り。
聖職の息苦しさに耐えかね、破天荒な振る舞いが多い。


妻・幸恵とは円満だが子供がいなく
アキラを我が子のように見守る。




古田 新太.jpg






幸恵 : 谷川 清美




照雲の妻。


子宝に恵まれない幸恵は、
母を亡くしたアキラを我が子のように慈しむ。




谷川 清美.png






たえ子 : 小泉 今日子




瀬戸内通運の近所で小料理屋を営むヤスの幼なじみ。


若い頃に姑のいじめで家を追い出され、
幼い娘と生き別れてから、独身を貫いている。


アキラの良き相談相手。




小泉 今日子.jpg






スポンサード・リンク







☆池松壮亮さんインタビュー☆




images4NPYVUK9.jpg




「NHKのスペシャルドラマが新年一発目
ということで重松清さん原作の素敵物語を
ドラマ化しました。



家族愛・・・
その家族を取り巻くいろんな人からの愛を
もらいながらアキラという一人の息子が
たくさんの人に育てられながら立派に
成長していく物語だと思います。



今日本に大切な何かがたくさん

詰まった物語だと思っています。



ぜひぜひ家族でご覧下さい。」





☆池松壮亮さん完成披露試写会見☆




とんび6.jpg




「僕も昨日前編を初めて観て
もう泣かされっぱなしでした。



今年の秋に撮影したんですけど
僕は後編だけであまり期間はなかったんですけど



堤さんはじめ素敵なキャストの方々に囲まれて
素晴らしいスタッフのに囲まれて役柄同様
たくさん愛をもらった幸せな時間でした。



ほんとに怒涛の一年のあとのNHKスペシャルドラマ
新年一発目ということで今の日本に必要な小さな事が
たくさん詰まった素敵な作品になったと思います。



ぜひぜひたくさんの人に観て頂きたいと思います」





☆上記のインタビューを映像で観たい方はこちら☆



↓  ↓  ↓  ↓  ↓









☆感想☆




池松さんもインタビューで言っていますが
本当に涙流れっぱなしです(/ω\)



今の時代には珍しいと言いますか・・・
ほんとに素敵な親子愛が描かれています!!



キャストの皆さんも役がピッタリでこの方々でなかったら
また感じ方が変わっていたと思います☆



この作品は絶対観て損はありませんね(´▽`)



ぜひぜひ観てください!!










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。