So-net無料ブログ作成
検索選択

池松壮亮・主演舞台「母に欲す」銀杏BOYZ・峯田和信と兄弟役で初共演!! [池松壮亮]

池松壮亮さん・峯田和信さんの個性派コンビの舞台☆


池松さんの舞台に対する考え・・・「もう舞台はやらない」!!
その気になる真相は!!



母に欲す10.jpg






池松壮亮さんが出演している話題の舞台『母に欲す』とは☆




母に欲す7.png




この舞台は7月に東京、8月に大阪で上演されました。
作:演出は三浦 大輔さんで音楽を大友良英が手がけました。





スポンサード・リンク







そして注目はなんといっても
池松壮亮さんですが・・・



そのお相手には舞台初出演の峯田和信さん☆



個性的なお二人のコンビネーション抜群の作品(´▽`)





母に欲す.png2.png





~テーマ『息子にとっての母親』~




実の母親の死からほどなく義母がやって来た
いびつな家庭を通して息子にとって母親とは
一体どういう役割を担い、何を欲する相手なのかを問い掛ける。




ストーリー・キャスト・インタビュー
たくさん紹介していきます☆






☆ストーリー☆



東京でひとり暮らしの裕一は仕事もせず、
家賃を滞納したアパートの部屋でただただ怠惰な日々を送っていた。



35歳になりながら母親に無心しその金を使って、
デリヘルを呼ぶ親不孝極まりない生活だ。



携帯電話の電源を久々に入れると多くの着信メッセージが。



実家で暮らす弟・隆司からがほとんどで、
疎ましく思い最後まで聞こうとしない。



その中で幼なじみの・亮太から電話があり
おまえの母さん死んだぞ」と知らされる。




隆司からのメッセージはその件についてだったのだ。




裕一が弟・隆司からの電話に出なかったせいで、
母親の葬式も既に終わっていた。



呆然としつつ帰省したが・・・



隆司から葬儀に参列しなかったことのみならず、
母親に金をせびっていたことまでののしられる。



その口調に立腹し口論になったが裕一は遺影を前に
母親の死を実感して後悔の念が込み上げてくる。



父の浩二は祐一に対し
「おまえ、東京に行ってもだらだらしてるだけなんだろ。
だったらしばらく母さんの傍にいてあげなさい」と諭す。



裕一、浩二、隆司、食卓を囲んでも、ろくな会話はなく、
空しい居間にテレビの音が響くだけ…。



仏壇では母親の違影が笑っている…



隆司は母親の死の欠落感を埋める為に
恋人の里美と結婚することを決意する。




そして二ヶ月…。




そして四十九日が過ぎ、ひとりの女性・智子が
台所で夕食の支度をしていた。



突然浩二が家に連れて来たのだ。



そして浩二は今日から智子が二人の「母親」になることを告げる。



実母の記憶が鮮明に残る時期での義母の登場に
裕一は困惑し隆司は猛反発する。 .




男だけの一家に、静かなさざ波が立ち始める…






☆『母に欲す』紹介ムービー☆










☆キャスト☆




裕一 : 峯田 和伸




峯田 和伸.jpg






隆司 : 池松 壮亮




images4NPYVUK9.jpg






浩二 : 田口 トモロヲ




田口 トモロヲ.jpg






亮太(祐一の旧友): 米村 亮太朗




米村 亮太朗.jpg






里美(隆司の恋人) : 土村 芳




土村 芳.png






智子(浩二の後妻): 片岡 礼子




片岡 礼子.png






スポンサード・リンク







池松壮亮さんインタビュームービー有)☆





母に欲す12.jpg





「僕は舞台をやるたびに“もうやらない”と
宣言するんです(笑)。



でも三浦さんに言われたら断れないですよね。



やっぱり一度ご一緒している信頼感もありますし、
舞台とはいえアウェー感がなかったのも
決め手になったひとつです」






映画と舞台で三浦の演出法に違いはある?




「本質は何も変わらないと思います。



お芝居のことに関していうと、
お芝居の価値観は一番合うと思っています。



僕は1回しか一緒にやってないですし、
多分すべてに触れているわけではないので、
必ずしも自信を持っては言えないんですけど、
三浦さんからはとても純粋なものを感じています。



人間って矛盾した生き物だと思うんですけど、
人間の矛盾を肯定できる純粋さを
持っている人だなって思っているんです。





母に欲す5.png





僕の見た作品も、一見、悪い部分はあるけど、
探っていったらすごく純粋なものが浮かび上がってくる。



そういう部分はすごく感じていて、
今回も違うことをやっているという感覚は
あまりないんですよね。



矛盾を肯定できる優しさというか、
そういうところがすごく面白いと思います」





母に欲す4.png





☆池松さんは最初に話が来た時、どう思いましたか?☆




「実は、自分はあまり舞台に向いてないんじゃないかな
と思っていたんです。



まだ舞台は二本しかやっていませんが、怖さがあった。



でも他ならぬ三浦さんからお話を頂いたからには、
逃げられないと思って。」






☆プロット(あらすじ)を読んで、どう感じましたか?




「僕も普段から、自分が出るかどうかは置いといて
答えてしまって大丈夫かなって感じなんです。



でもとにかく面白くて三浦さんに
「面白いです」ってメールしました。」






スポンサード・リンク







☆作品のプロットをもらったときにどんな感想を?
自分なりにどんなお話だと受け止めましたか?




「プロットを読んだときのことは…正直
どんな内容だったかよく覚えてないんですけど(笑)



面白かったことだけは覚えていて、
その場で三浦さんにメールしたことも覚えています。



稽古に入ってからは日に日に面白くなっているなと
実感していて多分三浦さんが言っていることを
みんなクリアしたら素晴らしい作品に
なるんじゃないかって思っています。



それだったら僕らはそれをやらなきゃいけないし、
さらに100を120とか200にしていかなきゃ
いけないんだろうと思います。



まだ稽古に入って数日しか経っていない段階で
こういうふうに思えるのは
幸せな事なんじゃないでしょうか」





母に欲す37.png





☆峯田さんに対してどんな印象を持っていましたか?




「もちろん、歌い手としての峯田さんは知っています。



ただ僕はやっぱり、役者としての峯田さんが
恐怖なので大丈夫かなって。」






☆三浦作品の魅力とは?




「お客さんの目線で言うと自分が信じられる世界を
見せてもらえるってことだと思います。



そういう人って、実はなかなかいないので」





母に欲す11.jpg





☆相当強い思いを託された池松さんにとっては、
三浦さんはどんな存在ですか?




「僕が思うのは、峯田さんも怪物だけど、
三浦さんもやっぱり怪物です。



一観客として言えば、何より信じられる世界を
見せてもらえる人。



役者として言うのであれば、
本当に自分に厳しい人ですね。



だから信頼できるし、全部託せる。



三浦さんが「これで最後かも」って
決意を話されましたけど、



聞かなくても三浦さんをみていれば
なんとなくわかったし。


だとしたら僕も一線ひこうと思ってるので。」





――そんな!





「とにかく三浦さんの世界、本当に
やりたかったことをちゃんと提供できるのは
自分なんだと信じてやるしかないです。」





――実際には一線は引かないですよね?





「引きます。



華々しく去りますってもう宣言しちゃう。」




ここで峯田さん・三浦さん登場(´▽`)




母に欲す13.png




峯田さん : 「困りますよそういうの!
だったら僕もそもそも音楽の人っていうのもあるし、
これで自分が悪評たてられてもいいし、
別に最後でもかまわない。」




三浦さん : 「僕もそれでいいんです。
先がないと思ってやってますから。」




池松さん :「フフフ(笑)」




三浦さん :「みんな、がけっぷちの気持ちで
集まってるってことです。」






ここからムービーでのインタビューの内容です!
聞き取れにくいところは想定で書いてます
すみません・・・



一番下にインタビュームービーも載せていますので
時間のある方は是非ご覧下さい(´▽`)





母に欲す9.jpg





☆「母に欲す」へ出演するにあたり現在のお気持ちは?




「楽しみです。



やっぱり三浦さんとやるっていうのは楽しみですね。」






☆三浦大輔さんの印象は?




「ものすごく自分に厳しい方で
やっぱり毎作品にもうかけてますし、



あの人心中しちゃうんじゃないかってくらい
かけている人なのですごく信頼できますし。



あとやっぱり三浦さんてちょっと言い方
難しいですけど演技だとかお芝居の時も
信じてない人で、でも何より人間の事は
誰よりも信じてるみたいなところがあって
そう言う人がつくる・・・・



嘘の世界を信じられるというか
視聴者目線にゆうと信じられるというか



・・・怪物だと思います」






☆意気込みは



「不慣れな舞台ではありますが
ほんとに頑張りたいと思います。」




☆ムービーで観たい方はこちらです☆



↓  ↓  ↓  ↓  ↓







☆千秋楽での池松さんの言葉☆




『この作品が大好きでした。



兄ちゃんが大好きです。



共演者、スタッフ、三浦さんが大好きです』



舞台いいですよね(´▽`)
テレビとは違って”生もの”なので見る方によって
捉え方が全く違うと思います☆



これからの池松さんがどのような舞台に挑戦していくのか
本当に楽しみですね☆




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。