So-net無料ブログ作成
検索選択

窪田正孝・初主演ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』とは☆ [窪田正孝]

窪田正孝さんの記念すべき
初主演作品『チェケラッチョ!! in TOKYO


あらすじ・キャスト・当時のインタビュー
盛りだくさんでご紹介いたします(´∀`)☆



チェケラッチョ.png
この作品は、フジテレビ系列『青春★ENERGY』で
2006年4月に放送されたドラマです。





チェケラッチョ!! in TOKYO.jpg





市原隼人さん主演映画『チェケラッチョ!!』の
続編となっています。






スポンサード・リンク







映画のその後を描いたストーリーで、
映画を観た人はもちろんですがドラマのみでも
楽しめるオリジナルな展開は必見ですよ☆






☆コンセプト☆




「若いENERGYに不可能なんてない! 
自分が踏み出しさえすれば、『夢』は必ず叶う」




最近の若者はどこか冷めていると言われる中で、
ドラマに登場する若者たちは溢れんばかりの
若いエネルギーを恥ずかしがることなく、
それぞれの『』に向かって体当たりで進んでいく。




今、夢がある人もこれからみつける人にも
“夢に近づくきっかけ”をあげられる番組☆






☆あらすじ☆




教育委員会の手違いによって1学期だけの非常勤で
沖縄県本部町から東京の清陽高校に赴任してきた
社会科倫理の教師・喜屋武茂雄。



結婚願望が強くて沖縄でもお見合い相手に
振られっぱなしだった彼は
「東京でいちばんかわいい女子をゲットして沖縄で結婚さあ!」
とやる気満々。



しかしそんな彼を待ち受けていたのは、
誰も聞いてくれないダメダメ放送部の顧問という仕事だった。





o0800045312812793693.jpg






スポンサード・リンク







放送部員は




中学時代プロのDJを目指していた部長の青葉 拓実



女性の裸ばかりを描いているクールな九条 三平



モテることばかりを考えている寺の息子・網田 慎吾



クラシック好きで指揮者になることを夢見る大木 悟





チェケラッチョ1.png





いずれも3年生で、全くやる気のない4人だけ。




しかも3年の学年主任で東大卒教師の笹本梅子は
喜屋武に顧問として彼らに“廃部”宣言しろと言う。



放送部の4人は放送部廃止を取り消してもらうため
校内放送を聞いてもらう方法がないかと考えていた。



そんな中慎吾が、「モテるには、ラップだ」と言い出し
みんなでラップを作り校内放送で流そうと提案する。



放送部の部費を稼ぐため4人はお台場・フジテレビで
清掃のアルバイトをすることになった。



そこで “新人ラップオーディション” のポスターを発見!



喜屋武の勝手な思いつきでオーディションを
受ける事になった拓実達は優勝出来なかったものの、
皆で歌うことを楽しんだ。





チェケラッチョ4.jpg





その様子が新聞に載ってしまい、
PTAからの放送部廃部とラップ要求が益々強くなった。



その上、教育委員会もやってきて・・・。



放送部を守ろうとした喜屋武がクビになった。



それを知った拓実、三平、慎吾、悟は
「喜屋武のために何かやんない?」とライブを計画する・・・。





チェケラッチョ5.gif





果たして放送部の運命は・・・!!





☆残念なことに第二話ムービーですがエンディングを観て欲しいです
窪田さんかっこいいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓








☆キャスト☆




青葉 拓実 : 窪田 正孝




都立清陽高校3年生・放送部の部長で、
人並みに優しく、人並みに真面目で勉強に関しては中の下。

誰もがめんどくさがってやろうとしない校内放送を、
押し付けられてなんとなくやるハメになっている。




窪田正孝3.png






九条 三平 : 木村 了




いつも斜に構えてクールな三平はマジメになったり
熱くなったりすることが恥ずかしいと思っている。

放送部には、人数あわせに拓実に誘われて入部した為
特に深い思い入れはない。

集団行動や友だちと協力して何かやる事が苦手。




木村 了.jpg






綱田 慎吾 : 加治 将樹




ノリノリで脳天気のお調子者。勉強は全くできない。

寺の息子で、マイ木魚を持ち歩いている彼は、
いつもモテることばかりを考えているナンパな性格。

放送部には、たまたまクラスで席の近かった拓実に誘われて入った。




加治 将樹.png






大木 悟 : 渡部 豪太




鈍くさくて、的はずれなことを言う。

クラシック好きで、指揮者になることを夢見ている。

元々入っていたオーケストラ部である事がきっかけで
退部させられた過去を持つ。

その時、同じクラスだった拓実に放送部に誘われ、入部。




渡部 豪太.jpg






喜屋武 茂雄 : 川田 広樹(ガレッジセール)




1学期間限定で、沖縄県本部町から
清陽高校に赴任してきた社会科倫理の教師。

表向きは生徒思いで、熱い思いを持って
教壇に立っているが、実はずるくて強引なところもある。

しかし本人には、そのことに対する自覚は全くなく、
ただただ、いち教師として一生懸命励んでいる…つもり。




images27JJ7351.jpg






笹本 梅子 : 小嶺 麗奈




東大卒業のエリート教師で3年生学年主任。

年齢性別を問わず厳しい性格で、
教師としての威厳を最も重んじる。

それ故、いい加減な活動しかしていない
放送部を何かと目の敵にしている。

その怒りを校長先生にぶつけるが、
校長先生に諭されると何も言えない。




小嶺 麗奈.png






スポンサード・リンク







☆窪田 正孝さんインタビュー☆




☆ドラマに出演が決まった時の感想を教えてください☆




「今までで一番嬉しかったですね。


オーディションに受かったのは初めてで、
ドラマも初めてだったので「初」がつくものが
たくさんあるんです。


このオーディションには落ちても絶対悔いが残らないと
思えるくらいこれまでで一番力を入れたので
受かった時は本当に嬉しかったです。」






☆拓実と自分が似ていると思うところは☆




「僕も小学生の時に好きな子がいてその子の事
についてはすごく敏感に反応していたので
綾の事になると過剰反応してしまう拓実の気持ちが
分かるなぁと思いますね(笑)


でも僕の場合は一目ぼれで、
その子とは一言も喋れなかったんですけど…。」





チェケラッチョ.jpg





☆拓実はノーマルな性格という役ですが、
役作りで気をつけていることはありますか☆




「クール、お調子者、弱虫とか、僕は何かキーワードを
もらえると演技をしやすいんですけど、


「ノーマル」って言われて最初は
『えっ、ノーマルって一番難しい…?』
ちょっと戸惑いました。


でも現場に入る前に考えたり台本を何度も読んだりして
三平よりもクールじゃなく
慎吾よりもお調子者じゃなく
悟よりも弱気じゃない
みんなの中間を演じようと思いました。


それに、オンエアを見ても周りのみんなが
とても上手くて凄いなと思うことが沢山あるんです。


『あ~、なるほど』って色々教えてもらいながら、
『僕は一番初心者だし、一番がんばんなくちゃ!』
と頑張っています。








☆共演者の印象はどうでしたか☆




☆九条 三平 役 : 木村 了さんについて



「木村くんは前からテレビで見ていたし、
オーディションの時初めて会ってやっぱり演技上手いな、
とても同い年には見えないなと思っていたんです。


見た感じもクールで、大人っぽいし。


でも、最後のオーディションの時に
「これ、難しいよね」って木村くんから
話しかけてくれて…。


自分からはほとんど話せなかったんですけど、
顔合わせの時に初めて自己紹介出来ました。


その時僕はすごく緊張していたんですけど、
木村くんからどんどん話しかけてくれて…


本当に良いヤツです。」





☆綱田 慎吾 役 : 加治 将樹さんについて




「加治くんはひとつ年上で、
僕は年上の人には敬語で話す習慣があるので
最初ずっと敬語で話していたんです。


でも「タメ口ではなせよ~」って言ってくれて、
それからどんどん近くなっている感じがします。


加治くんは、年上なんですけど、
やんちゃで本当に明るいですね。」





☆大木 悟 役 : 渡部 豪太さんについて☆




「豪くんは二十歳で、二十歳って聞くと
大人だなぁと思うけど、本当に大人なんですよ。


落ち着いていて、冷静でいつも的確なことを
アドバイスしてくれるので、ありがたいです。」





☆喜屋武 茂雄 役: 川田 広樹さん(ガレッジセール)について☆




「川田さんは、当たり前のことですが
本当に面白いですね。


川田さんの発言で現場も和んで、
テンションが上って、お芝居もやりやすくなる。


僕も人を笑わせる業を身につけたい、
習いたいなと思います。


テレビで見ていて、いつも面白いなと思っていたんですけど
実際一緒にお仕事させていただいて存在感に圧倒されて、
『なんてカッコいいんだろう』と思いました。」








☆現場の雰囲気はどうですか☆




「皆さんが明るくて楽しいですね。


みんな仲良くて、移動中のバスの中でも
いつもワイワイやっています。


それに心強い先輩が周りにいて下さるので、

お芝居もやりやすいです。」





imagesL77HI3H3.jpg





☆2話ではヤギを捕まえるシーンもありましたが☆




「 ヤギは初めてでしたね(笑)


もともと家で猫を飼っているので、
動物はすごく好きなんですけど、
初めてヤギを見たときは『でけー!』と思いました。


『これはヤバいぞ』って。


でも草をあげたら、ムシャムシャ食べてくれてかわいかった。


臭いと聞いていたのですが、
かわいくて気にならなかったですね。


抱きついた時は、意外と硬くて
痛かったですけど、可愛くてサイコーでした!」






☆今回はラップに挑戦されますが、
歌に関して自信はありますか?




「みんなメチャクチャ上手くって、でも僕は自信がなくて…。


聴くのは前から好きだったんですけど。


でも、この番組をやって自分でも
歌うようにもなりましたね。


今回ライブで歌う曲はソロの部分とかもあって

『どうしよう』って思いましたが、
ボイストレーニングの先生にも教わって、練習しています。」





img_6.jpg





☆オフの日は何をして過ごしていますか☆




「基本的には家にいますね。


今は台本を頭に入れてます。


何度も声に出して、しゃべって覚えるんですけど、
お風呂の中とか寝る前とかにも唱えてますね(笑)


でも、友達に誘われたらボウリング行ったり、
みんなでごはんを食べながら話したりもしますよ。


割と普通です(笑)。」





☆最後に、視聴者の方にメッセージを☆




「最後のライブに向けてみんなで頑張っていく過程と、
もちろんライブも見て欲しいですね。


あと、拓実と綾ちゃんの恋の行方も!


僕も頑張って演じていこうと
思っていますので、是非見てください!!」




窪田正孝さんの記念すべき『初』
たくさん詰まった作品です☆



窪田さんファンの方はもちろん
気になっている方にはぜひ何度でも
観ていただきたい作品です(*´∀`)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。