So-net無料ブログ作成
検索選択

池松壮亮 出演映画「シェル・コレクター」2016年公開! [池松壮亮]

池松壮亮さんの出演映画
シェル・コレクター/貝を集める人」が
2016年公開予定で撮影がはじまろうとしています☆




B7p5Ng4CAAAGLcv.jpg




独特な雰囲気を持つ出演者たちにも注目!!






スポンサード・リンク






では早速ですができるだけ詳しく
作品紹介していきたいと思います★



どうぞお付き合いください(*´∀`)




この作品の舞台になるのは沖縄の離島で
2月上旬にクランクアップの予定です。



渡嘉敷村で初となる本格的な映画で
11日から29日まで村の阿波連ビーチの
クバノクシ海岸をメーンに撮影が行われています。



映画スタッフ、出演俳優ら約40人が村阿波連に宿泊
海岸周辺には撮影セットなどが設置されているようです。



そして地元からも、エキストラ数十人が出演するなど
村挙げてロケに協力しています。



監督は2009年の『美代子阿佐ヶ谷気分』で
海外の映画賞を獲得した坪田義史が務めます。






スポンサード・リンク






☆あらすじ☆





”の美しさと謎に魅了され、
盲目ながら貝類学の世界で名を成し遂けた学者。



彼は、妻、息子と離れて沖縄の孤島で貝を蒐集しながら
ひっそりと静かな厭世的生活を送っていました。




しかし学者の静謐な日々は、
島に流れ着いた女・いづみが出現し
学者とひとつ屋根の下に暮らし始めることで
次第に狂い始める!!




そして、ある日いづみの患っていた奇病を
偶然にも貝の毒で治したためにそれを知った人々が
貝毒による奇跡的な治療法を求めて
次々と島に押し寄せるようになる…。



そのなかには息子や同じく奇病を患う娘を
助けようとする地元の有力者・弓場の姿もあったが・・・。






スポンサード・リンク






☆キャスト☆





この作品の注目はなんといっても出演者の皆さんです☆
独特の雰囲気をお持ちの役者さんが勢ぞろいです(*´∀`)




盲目の学者を演じる 主人公リリー・フランキー




Lily Franky、.png





他のキャストもすごく豪華で・・・!!!





画家 いづみ 役 : 寺島 しのぶ




tera.png





学者の息子 役 : 池松 壮亮




池松装け.jpg





奇病におかされた娘 役 : 橋本 愛




sakamoto.jpg





すごい豪華な気がするのですが☆彡
いま旬な方々が揃っていますよね~。




リリー・フランキーさん今作では盲目の学者という難役、
どんなアプローチで演じてくれるのかとても楽しみですね☆




そして注目したいのが池松壮亮さん!!




2014年は大ブレイクの一年になりましたよね。


雑誌映画芸術』が選ぶ2014年の映画ベストテンでは、
池松壮亮さんの出演する『海を感じるとき』が
1位に輝きましたし映画通を唸らせた
一年だったとも言えます。



今作はリリー・フランキーさんの息子役ということで、
この二人の共演も注目を集めています!



そして存在感では若手でも屈指の存在ですが、
今作では回りにいるのが超がつく実力派揃い。



橋本愛さんの真価が問われる一作にもなりそうですね☆






☆坪田 義史 監督のコメント☆




『アンソニー・ドーアの原作にある、
盲目の貝類学者が貝を拾うという描写に惹かれ、
是非ともこの原作を映画にしたい、と思いました。



美しい自然に対峙する人間を描くには、
日本では沖縄しかないと思い全編沖縄に置き換えました。



リリー・フランキーさんはじめ、
素晴らしくそして個性的な
キャストの方々と一緒に、
比類なき作品を創りあげたいと思います。』




ということで紹介してきました映画『シェル・コレクター』

公開は2016年予定です。




今からとっても楽しみな作品がまたひとつ増えますね☆
今後も情報が入り次第更新していきますのでお楽しみに・・・

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。